安倍晴明降臨の適正キャラと立ち回り

安倍晴明降臨攻略

安倍晴明攻略

安倍晴明降臨は黒騎士の最高難易度クエストです。
このページでは安倍晴明攻略の適正キャラ、立ち回りを詳しく解説していきます。

安倍晴明の攻撃と基本的な対策まとめ

安倍晴明の特徴と攻撃

安倍晴明攻略

衰勢の呪印
プレイヤー全体に水攻撃
+呪い2
+器用回復デバフ2
時反の刻印
プレイヤー全体にスロウ2
+状態異常耐性デバフ2
+敵全体にヘイスト2
双絶の水印
プレイヤー2体に水攻撃
+スタン1
+攻撃デバフ1
+自身にヘイスト2
破邪の解印
プレイヤー全体バフ解除
+敵全体デバフ全解除
+敵全体に攻撃力バフ2
必殺:鬼神召剛撃
プレイヤー全体にHP吸収つきの強力な水攻撃
+呪い2(解除不可)
+スロウ2
+器用回復デバフ2
通常:双恨の呪印
プレイヤー2体に水攻撃
+呪い2(解除不可)
+攻撃デバフ2

安倍晴明攻略備考

ザコは倒せない

安倍晴明は、「ザコのHPを非常に高くする代わりに、ザコが受けたダメージを安倍晴明が身代わりする」という特殊なバフを張っているため、他の降臨のようにザコを即殺してボスだけ狙うという戦い方は出来ない。

様々な手段で敵全体にデバフを入れたり、全体召還で効率よくダメージを与えていくなどして攻略しよう。

時反の刻印の対策

時反の刻印のヘイスト2やスロウを放置すると火力で押し切られてしまうので、ここのクリナ役とヘイストはがし役をきっちり決めておこう。
例:ファイターのジングルベルやハンターの滅水撃でヘイスト除去狙い、ソーサラーのラクリナとヒーラーバステトでスロウと状態異常デバフ除去など。

破邪の解印(ディスペ)時にデバフをかける

破邪の解印はこちらのバフを全除去する強力な攻撃。この攻撃は単発では来ず、衰勢の呪印や必殺の直後に発動するようになっている。
呪いで弱体化されている時にバフやプロテスなどを剥がされてしまうため、味方全体がかなり柔らかくなり崩れやすい。

ここの対策としては、
・呪い耐性を積んでおく
・オニガマのSTR6や安倍晴明のSTR2は必ず取っておく
・発動直後に、ハデスやジングルベルを被せ、敵全体のSTR2を取る
・ハンターかヒーラーが娘々演舞で反転、ヒーラーは必ずラプロを張る
・直後の猛攻を耐えられるように、トリアイナを置いて防御バフ1を付けておく(回復補助としてでもOK)

などがある。皆で協力して敵にデバフをかけつつ、こちらもバフをかけて建て直そう。ラプロテスが無い状況ではオニガマの攻撃を受けただけで加護を消費してしまうため、破邪の解印前後の動きは特に気をつけよう。

イトマキの攻撃パターン

イトマキは全暗闇撃、双麻痺撃、全体挑発を使ってくる。暗闇と麻痺の耐性を上げておき、挑発をクリナしやすくしておこう。
また、どれも強力な攻撃なので初手からイトマキにスロウを狙っていくのも良い。

攻撃 備考
滅〇撃 (Wait3)
通常攻撃扱い。イトマキの属性によって〇は変わる
1人攻撃+攻撃デバフ2+毒2
双麻痺撃 上の赤カウント(Wait6)
2人攻撃+麻痺
全体挑発 左上の青カウント(Wait6)
全体挑発。ラクリナの準備をしておこう
全暗闇撃 右の赤カウント(Wait6)
全体攻撃+暗闇

オニガマの攻撃

オニガマは攻撃バフ6を付与し、強力な攻撃をしてくる。
ブレイブしたら即座に攻撃デバフを入れてダメージを軽減させよう。
ブレイブしてから直後に2人痛恨してくる時は特に気をつけたい。

攻撃 備考
ブレイブ 右の黄カウント(Wait3)
自身に攻撃バフ6
最初に使ってくるので即座に反転か解除を狙おう
昇竜〇撃 (Wait3)
通常攻撃扱い。オニガマの属性によって〇は変わる
1人攻撃+自身にためる2
痛恨の双天〇撃 上の赤カウント(Wait6)
属性によって〇は変わる。2人に痛恨攻撃。
デバフは無いが、ためるかブレイブの後に使うことが多いので注意。
痛恨の天〇撃 左の赤カウント(Wait6)
1人に痛恨+スタン。この攻撃はファイターが受けよう。

耐性の優先度

ロール 耐性例
ファイター 麻痺&暗闇&呪い100
ソーサラー 麻痺&呪い100 暗闇60~80
ハンター 麻痺&呪い100 暗闇60~80
ヒーラー 麻痺&暗闇100 呪い60~80

安定クリアしているパーティーは麻痺耐性&呪い耐性を100確保し、イトマキが使ってくる暗闇は的確にクリナして戦うのが主流だが、麻痺&暗闇確保>呪い少し確保でもクリアできる。
ファイターはザコを挑発すると麻痺暗闇呪いの全てを受けるため、多少戦闘力が落ちてでも全ての耐性を確保しておくのが無難。

おすすめキャラ

敵のザコが倒せないため、デバフ付与やバフ解除できるキャラがおすすめ。

スキル 備考
鳳凰
鳳凰来儀
敵に攻撃デバフや器用回復デバフが付いていれば高火力が出る召還。
ディアンケト
クリナブレイン
各種デバフ解除に多用する。とっさのイトマキの挑発解除にも使える。
ポセイドン(トリアイナ)
トリアイナ神
味方全体をクリナしつつ回復できるヒーラーとハンターの必須級キャラ。
防御バフ1も必殺受けに有効。必殺受けの前か後どちらに使うかは状況による。例えばヒーラーが必殺前にトリアイナかデュランダルを置いたらハンターは後に使うなどして回復を分散させると良い。
デュランダル
デュランダル
安倍晴明が登場してから評価が急上昇したキャラ。
ファイターとソーサラーとヒーラーの召還枠で候補に挙がる。
安倍晴明戦は長期戦でMPがカツカツになりやすいので、MP回復できるのが大きい。
3人で積んでおくと無双召還がよく回るので3回目の必殺前に抜けやすい。
クリストキント
ジングルベル
全体攻撃で、敵のバフを解除できるのが魅力。
100%バフ解除できるファイターは通常枠で積んでおき、時反に置いてヘイストを除去すると良い。
ジングルベルがなければ時反のヘイストは神バハなどで取りにいこう。
バハムート(竜王滅爪)
竜王滅爪神
ソーサラーのみ使用。敵全体のバフを解除しつつ攻撃できる。
獄バハ運用の場合はオニガマのSTR6や晴明痛恨のヘイスト2を取るために使うと良い。
安倍晴明戦では神覚醒のほうが若干有利だが、獄覚醒でも十分クリアできる。
悪鬼毒盃
悪鬼毒盃
主にハンターとヒーラーで採用できる。
安倍晴明に一撃入れておくだけで大量の猛毒ダメージが入るので、敵がクリナしてこないシープウェーブが安定する。
パッパラーがいるウェーブだとラクリナされるので注意。
また、毒ダメージは安倍晴明に入れた時しか通らないのでザコには使わないようにしよう。
娘々演舞
娘々演舞
ハンターとヒーラーのどちらか(できれば両方)必ず入れておきたいキャラ。
衰勢の呪印に置くことで器用回復デバフを反転しつつラクリナする。
ヒーラーのみが積む場合、呪印とディスペが被っている時は崩れやすいので無双を温存しておいたり、他の人が回復補助するなど手助けすると安定。
ハデス(冥王の業火)
冥王の業火(獄)
アポロンアリスの代わりにソーサラーとファイターが入れる。
攻撃デバフと防御ダウンデバフをかけられるので、敵のダメージを減らし、こちらはダメージを出しやすくなる。
破邪の解印(ディスペ)にかけるとSTRも取れて一石二鳥。
ランドグリーズ
ランドグリーズ
ヒーラー以外でも全体回復できる召還。
ファイターあたりが積んでおき、ヒラがプロテスを張りなおす時間帯に来る痛恨に置くなど、回復が厳しそうな時に使うと良い。
オデット
ライトウィンド
呪い耐性枠。
HPも増えるのでファイターやヒーラーで採用されやすい。
オディール
ダークウィンド
麻痺耐性・攻撃デバフ用に。Wave5のオニガマは光属性なのでデバフ解除も刺さりやすい。

安倍晴明降臨のクリアデッキ例と立ち回り

ファイターのデッキ例

トール(ミョルニル)
ミョルニル(神)
クリストキント
ジングルベル
清琴イオ
清琴イオ
ケット・シー(ラクリニャ)
ラクリニャ
ディアンケト
クリナブレイン
タマヨリ
タマバースト
ジークフリート(バルムンク)
バルムンク
オデット
ライトウィンド
鳳凰
鳳凰来儀
アガレス
オーガフレア

無双時反ミョルと必殺2回目先ミョル

安倍晴明を安定攻略しているファイターは、ミョルニルを1ウェーブにつき2回くらい打ち込んでいることが多い。

1回目はウェーブ開幕後、1回目の時反に無双ミョルを置く。これを止められるとヘイストがかからないので安定して戦える。

2回目は、安倍2回目の必殺カウントが見えたらすぐミョルを置く。もし必殺を止められれば3回目の必殺までもつれ込んでもハンタースタンは確実に間に合う。

召還枠の選び方

召還の組み合わせは様々なパターンがある。どれでもクリアは可能なので自分の手持ちキャラやパーティーメンバーと相談して決めると良い。
クリアしている人の召還枠は以下のようなものが多い。

召還1 召還2 備考
ランドグリーズ デュランダル 安定性を重視したい人向け。
ラングリで全体回復可能。
デュランダルで全体クリナとMP回復可能。
ランドグリーズ 鳳凰 回復と攻デバフが使えてバランスが良い。
呪い耐性を積みやすいので必殺を受けても長持ちしやすい。
オーディン(グングニル) アガレス 最近のキャラを持ってない人向け。
オーディンの防デバフが刺さったり、
アリスアポロン積みの人があわせてくれるなら強いが安定はしない。

可能な限り3つの耐性を確保

ファイターは暗闇・麻痺・呪いの全てを他のロールより受けやすいので、多少戦闘力が下がってでも3つの耐性全てを100近く(可能であれば100)確保したい。

カウンター行動例

クリナの動き
イトマキの全体挑発をラクリナ(他の人でも良い)。
Wave5でイトマキ挑発と必殺が被っているときはハンターにクリブレを投げるなどしてスタンしてもらう。

デバフかけの動き
時反にジングルベル。1回目の時反をミョルする場合はに無双してから行い、外れたとしてもジングルベルをwait3で使用できるようにしておこう。

挑発管理の動き
オニガマと晴明は優先して挑発。
パッパラーはラクリナブレイブで挑発を外してくるので置き挑発。
ディスペの直後にオニガマが痛恨してきそうならオニガマへの挑発優先。

ソーサラーのデッキ例

アンドロメダ(スピリト)
スピリト
アスモデウス(ブレイン)
ブレイン
ケット・シー(ラクリニャ)
ラクリニャ
ディアンケト
クリナブレイン
威光の神弓
威光の神弓
シグルーンフラッシュ
シグフラ
ハデス(冥王の業火)
冥王の業火
オディール
ダークウィンド
鳳凰
鳳凰来儀
バハムート(竜王滅爪)
竜王滅爪(獄)

カウンター行動例

ソーサラーはオニガマや安倍晴明への攻撃デバフを適切なタイミングで入れていこう。
STR6付きのオニガマの痛恨はとても痛いので攻撃ダウンデバフをかけやすいソーサラーが率先して取る。

行動例:
オニガマが出てくるウェーブでは開幕獄覚醒ハデスでオニガマのブレイブに合わせる
STR6が取れなければ威光の神弓などで取る。
以後のオニガマのブレイブは、基本は威光の神弓で反転させたいが、CTならマナドレやバハを合わせて取る。
ディスペには自己ブレイン→無双獄覚醒ハデスを合わせると良い。
ゴエティアなど回復スキルを積んでいくならば安倍晴明の通常やオニガマの2人痛恨にあわせると良い。
必殺受けする場合はラクリニャを置いておく。

ハンターのデッキ例

ハニープリンセス
ハニーインテ
ヴィシュヌ(滅水撃)
滅水撃
スノスマ
スノスマ
ディアンケト
クリナブレイン
ケット・シー(ラクリニャ)
ラクリニャ
闇夜の抱擁
闇夜の抱擁
ベオウルフ(双天雷撃)
双天雷撃
アリス(ワンダーランド)
ワンダーランド
鳳凰
鳳凰来儀
ポセイドン(トリアイナ)
トリアイナ(神)

スノスマとラバリジェはどっちが良い?

スロウを的確に入れられ、3回目の必殺までに抜けられるならスノスマ。安定しないようならラバリジェ。
スノスマはWait5以下の攻撃に当てるだけでバリアを2枚張れるので便利だが、CTが長いためなるべく無双中に使うようにしよう。

カウンター行動例

イトマキの通常攻撃を食らった人にクリブレ使用
衰勢の呪印のDEXとスロウを娘々演舞で反転 (ヒラがやってくれるなら必要なし)
時反に乱れ撃ちかニュクス(無ければ晴明に置きヴィシュヌ)
双絶の水印前にスノスマかラバリジェでバリアを張る
衰勢の呪印+解呪前にトリアイナを発動して被ダメ軽減

ヴィシュヌを的確に入れる

安倍晴明は時反と双絶の水印でヘイストを付与するので、ここででスロウを狙っていこう。
晴明にスロウが入らないとどうしようもないので、スロウ札は回転の速いヴィシュヌがとてもおすすめ。
娘々演舞を使う場合は破邪の解印の前に使われる衰勢の呪印にあわせると良い。もしヒーラーも積んでくれているならば、通常攻撃でSTRデバフが付いたときに使って反転させよう。

ヒーラーのデッキ例

デッキ例①。麻痺と暗闇を対策し、呪い耐性はアクセのみ。

オデュッセウス(ラプロテス)
ラプロテス
タマヨリ
タマバースト
アールマティ(ラクリナヒール)
ラクリナヒール
ヘラ(ラヒール)
ラヒール(神)
イシス(ザレク)
ザレク
猫神催眠術
猫神催眠術
娘々演舞
娘々演舞
悪鬼毒盃
悪鬼毒盃
デュランダル
デュランダル
ポセイドン(トリアイナ)
トリアイナ(神)

デッキ例②。ザレクなしの攻撃的なデッキ。イオ→スノーラッシュ→鳳凰でMP問題とTP問題を解決。
誰かが死ぬと高確率で詰みなので加護は全員にかけよう。

オデュッセウス(ラプロテス)
ラプロテス
タマヨリ
タマバースト
清琴イオ
清琴イオ
ヘラ(ラヒール)
ラヒール(神)
雪女
スノーラッシュ
猫神催眠術
猫神催眠術
娘々演舞
娘々演舞
悪鬼毒盃
悪鬼毒盃
鳳凰
鳳凰来儀
ポセイドン(トリアイナ)
トリアイナ(神)

カウンター行動例

衰勢の呪印のDEXとスロウを娘々演舞で反転
衰勢+解印に娘々演舞とラプロテスを合わせる。(衰勢にwait3娘々合わせる→無双→wait3ラプロができると◎)
時反にバステト
ラプロだけ張る場合は晴明の赤waitが残り1になった瞬間にwait6ラプロテスを入力すれば、解印発動と同時にプロテスを張りなおせる。

召還枠

防御1+ラクリナ+全体回復できる神トリアイナは必須レベル。
残りの1枠は好みで選ぼう。通常枠で運用しても良い。

候補 備考
デュランダル 暗闇耐性あり
防御1+全体回復+MP回復
安定性重視なら採用すると良い。
アスタロト トリアイナと同じく全体クリナ+回復。
常に何かしらのデバフが付くようなクエストなので、ラクリナ効果が使いやすい。
鳳凰 器用回復デバフを付けられるのは強い。
消費MPが重いのでスキルを使いまくっているとMP切れになりやすいので注意。
イオや雪女と一緒に使うのであれば非常に強い。
クリストキント 50%とはいえ敵のバフを消せるのは強力。
所持しているなら候補に入れて良い。
ランドグリーズ 雷属性の全体回復持ち。

 

各ウェーブの敵と攻略備考

Wave2

下、真ん中を倒し、上残しで突破。
ハンターは初手グリフォンにスロウ→スタン撃すると良い。

Wave3~4

Wave3~4のザコは、
イトマキ光+シープ炎
イトマキ闇+パッパラー水
オニガマ光+パッパラー水
オニガマ炎+ラプトル水
の中からランダム。

イトマキ光+シープ炎

ものすごく防御力の高い組み合わせ。
シープのバリアとイトマキの挑発でスタンミスが誘発されやすい。
ソーサラーはシープのラバリアを警戒し、すぐ晴明にバリブレできるようにしておこう。
ハンター自身がギルガメッシュ(マスターオブ)を積んでいるなら安倍晴明にブチ込んで自分でバリブレしてしまうという戦法もある。

敵はラクリナを使ってこないので悪鬼毒盃の猛毒が有効。(猛毒ダメージは安倍晴明に入れないと効かないので注意)

イトマキ闇+パッパラー水

ラガードインテにより状態異常がかかりにくい組み合わせ。
この組み合わせの負けパターンとしては、ラガードインテにより安倍晴明へスロウが入らず、ヘイスト2がぶん回って押し切られることが多い。
ジングルベル・獄バハなどでもヘイストを除去していこう。

オニガマ光+パッパラー水

ラガードインテによりオニガマへの攻撃デバフが失敗しやすく、ディスペ後のSTR6付き痛恨を受けて崩されることが多い。
攻撃バフを確実に除去したいならソーサラーが威光の神弓オディールを積んだり、獄バハを撃ち込むなどしよう。

オニガマ炎+ラプトル水

オニガマへの攻撃デバフを入れを徹底すれば比較的楽なウェーブ。
開幕のラプトルのラウィルスをWait9鳳凰で反転させたりすると楽。

Wave5

ザコはイトマキ闇とオニガマ光で固定。

攻略メニュー

攻略
ロキ攻略ベレト攻略ディアブロ攻略アーサー攻略アンラ・マンユ攻略イザナミ攻略シヴァ攻略ラー攻略冥ヨルムンガンド攻略バステト攻略安倍晴明攻略冥ヘル攻略織田信長攻略冥ベリアル攻略ハートの女王攻略エドワード・ティーチ攻略宮本武蔵攻略ベル攻略冥ロキ攻略ベートーヴェン攻略
封神の迷宮攻略バベルの塔リーグバトル攻略鍋イベント攻略 ラグナロク攻略 まどマギコラボ攻略

キャラ検索
神フェス限定獄フェス限定アニバーサリー限定
SSRSRR

ギルバト評価順クエスト評価順
HP高い順攻撃高い順器用さ高い順回復高い順
ファイター適正ソーサラー適正ハンター適正ヒーラー適正

キャラスキル検索
攻撃スキル補助スキル弱体スキル回復スキル
召喚スキルキャラスキル共用スキル連携スキル

SPスキル検索
状態異常無効 ステータスUP スキル威力強化 ダメージ軽減 消費軽減 条件回復 Wave開始 強化時間延長 弱体成功率強化

アクセサリ検索
顔・耳
鍛冶裁縫細工錬金全て

素材検索
自然動物素材液体骨董品魔法その他

クエスト報酬一覧
1章2章3章4章5章6章7章8章9章降臨

ページの先頭へ